卒業生の方|サレジオ工業高等専門学校卒業生の方へ 企業の方|サレジオ工業高等専門学校企業の方へ 学内の方|サレジオ工業高等専門学校学内の方へ Global SiteGlobal AccessAccess
閉じる
3つのポリシー|サレジオ高専 ホームページ
Curriculum Policyカリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

カリキュラム・ポリシーとは、ディプロマ・ポリシー達成のために、どのような教育課程を編成し、どのような教育内容・方法を実施し、学修成果(身に付けた力や気質)をどのように評価するのかを定める基本的な方針です。

本校では、準学士過程と専攻科課程においてそれぞれカリキュラム・ポリシーを定めています。

サレジオ工業高等専門学校のカリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

準学士課程

ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するため、一般科目において人文社会、自然科学に関する基礎学力を養うとともに、各学科では実践的基礎能力を培うための専門科目を用意し、各学年に配置しています。

A 基礎力

専門分野を学ぶために必要な基礎的学力や技能を修得するため

  1. 低学年次から数学、物理、化学などの自然科学系科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。
  2. 低学年次から人文系科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。
  3. 低学年次から専門に関わる基礎科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。

B 実践力

提示された課題に対し解決の道筋を考え、解決のために知識を活用できる能力を身に付けられるよう

  1. 教育課程の進捗に合わせて実験・実習科目群を編成する。
  2. 教育課程の進捗に合わせて、専門分野の知識や技術を活用する問題解決型科目を設ける。
  3. 高学年次に卒業研究を設け、新規課題への取り組み、自主的な学習、問題解決能力、プレゼンテーション能力を育成する観点から、総合的な学習を展開する。

C コミュニケーション力

物事を論理的に考え、それらを文章や言葉で表現できる能力を身に付けられるよう

  1. 低学年次から高学年次にかけて、コミュニケーション能力を育成するために語学系科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。
  2. 低学年次から高学年次にかけて、他の学習者との関わりを持つ科目を設け、これを集団学習やグループ学習により展開する。

D 人間性

社会に貢献する上で、技術者としての倫理観を持って行動できる能力を身に付けられるよう

  1. 低学年次から中学年次にかけて、人間性を涵養するための科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。
  2. 高学年次に技術者倫理を育成する科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。

E 国際性

多様な文化・価値観を理解し、それらの違いを超えて交流できる能力を身に付けられるよう

  1. 全学年を通して外国語科目を設け、講義や演習を主とした学修方法により展開する。
  2. 全学年を通して自己表現力を育成し相互理解を深めるための科目を設け、講義や実習を主とした学修方法により展開する。
  3. 中学年次から高学年次にかけて、社会性を育成するための専門科目を設け、講義を主とした学修方法により展開する。

成績評価に関する方針

  1. 講義科目においては、科目ごとの到達目標を設定し、試験の結果や演習・レポートなどの平常の取り組みを総合的に勘案し、到達目標に対する到達度を評価する。
  2. 演習・実技・実験・実習および問題解決型科目などの実践的科目においては、課題への取り組み状況、レポート、発表などを総合的に勘案し、到達目標に対する到達度を評価する。
  3. 卒業研究においては、研究成果をまとめた論文や制作、研究発表、取り組み姿勢などを総合的に勘案し、到達目標に対する到達度を評価する。

専攻科課程

専攻科課程では、専攻科が掲げる「Tの字型教育」(入学までに身に付けた専門基礎に関する学修成果を縦棒とし、これに立脚する横棒を専攻科課程の「複合領域教育」としたもの)により、ディプロマ・ポリシーに示す能力を身に付けさせるために、一般科目、専門科目およびその他必要な科目を以下に示す方針に基づいて編成・実施・評価します。

  • 編成に当たっては、「Tの字型教育」の土台となる基礎力に関する科目、コミュニケーション力や人間性に関する科目を主に1年次の履修科目に配置し、やや応用的内容の科目を2年次に多く配置します。
  • 編成に当たっては、国際性に関する科目を1、2年次の両方に必修科目として配置します。
  • 編成に当たっては、「Tの字型教育」の土台となるべき基礎力に関する科目と、人間性及び国際性に関する科目を中心に必修科目としています。
  • 編成に当たっては、エンジニアリング・デザイン教育の重要性を考慮し、問題抽出の方法や問題解決の手法を教授する内容の演習を配置します。
  • 実施に当たっては、各科目とディプロマ・ポリシーで定める能力との対応が明確になるようにシラバスや科目系統図を用いて学生が理解しやすいように説明します。
  • 実施に当たっては、学生の多様なニーズに配慮して、大学や他の高等専門学校の専攻科等で開設されている授業科目についても単位互換制度を実施しています。
  • 特別研究の実施に当たっては、"一人の教員の思想に沿った正解提示型学習"を避けるために、複数指導方式(主査・副査制)を採用しています。
  • 各科目の評価に当たっては、評価方法をシラバスにより事前に示し、そこに記載された評価方法に基づいて実施します。
  • 特別研究の評価に当たっては、取り組んだ課題を十分に探究・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・発信しているかを多様な方法で評価します。
  • 修了の認定については、本校が定める規程に基づいて修了判定会議にて判定しています。

Other Policies

Page Top